お金 借りたい 審査通らない

画像

「お金を借りたいけれど、審査に通るか不安・・・」

 

「なぜか、カードローンで審査が通らなかった・・・」

 

このようなことで、お悩みではありませんか?

 

カードローンの明確な審査基準は公表されていないため、100%審査に通るという保証はありません。

 

しかし、審査に通らないということは、必ず「審査に落ちる原因」があります。

 

この記事では、審査が通らない理由についてわかりやすく解説していきます。

 

審査に通らないポイントを予め押さえておくと、

 

「思わぬ理由で審査に落ちてしまった」

 

という事態も防ぐことができますので、カードローン申込の前にぜひ確認しておいてくださいね!

 

 

 

 

カードローンの審査に落ちるのはどんな人?

まずは、どんな人がカードローン審査に通らないのか?

 

その具体的な例を、いくつかご紹介していきましょう。

 

申込条件を満たしていない

カードローンの審査では、まず最初にコンピューターによって、申し込み者の入力情報が精査されます。

 

そこで、カードローン会社の「申込条件」に合わない場合は、その時点で審査に落とします。

 

ですので、まずはご自身が条件に合っているかどうか確認してみましょう。

 

因みに、当サイトでご紹介している大手消費者金融カードローンプロミス、SMBCモビット、アイフルの基本的な申込条件は、2つです。

 

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある人

 

この2つの項目が当てはまらない場合は、残念ながら消費者金融カードローンでお金を借りることはできません。

 

ですので、10代の学生や、安定した収入がない専業主婦の方などは、難しいでしょう。

 

専業主婦で、配偶者に安定収入がある場合は、総量規制の対象外となる、

 

  • 銀行カードローン
  • 信用金庫カードローン
  • ろうきんカードローン

 

などを利用するとよいでしょう。

 

 

信用情報に事故情報が登録されている(ブラック)

カードローンは、審査の際に「申し込み者の※信用情報」を確認します。

 

【信用情報】


信用情報とは、クレジットカードやローンなの信用取引に関する契約内容や、支払い・返済・利用残高などの取引事実を表す情報です。

 

これらの信用情報は、日本に3つ存在する「信用情報機関」に集められます。

 

カードローン会社は、いずれかの信用情報機関審査に加盟しており、審査の際に申し込み者の信用情報を参照します。

 

 

申し込み者の信用情報から、事故情報としての記録が見つかった場合、カードローンの審査に通ることはありません。

 

信用情報に事故情報として登録されてしまうケースは以下の通りです。

 

 

  • ローンの返済を延滞したことがある
  • 過去に債務整理をした経験がある
  • 奨学金の返済が遅れたことがある
  • スマホ(携帯電話)の分割払いの支払いを忘れた

 

 

クレジットカードの支払い遅延や、カードローン返済の延滞をした経験がなくても、

 

携帯電話や奨学金の延滞が事故情報として登録されてしまうことを知らない人も多いようです。

 

なぜ、スマホの分割払いが影響するのか?

特に、スマホ代は、本体価格が高いため分割払いにする人が多いですよね。

 

スマホ本体代金の支払いは、利用料と一緒に支払っているので無視されがちですが、「本体代金はローンを組んで、分割払いで購入した」ということ。

 

つまり、信用取引にあたるわけです。

 

ですので、一度でも支払いが延滞すると信用情報機関に「事故情報」として登録されてしまうわけですね。

 

 

不安な人は確認しよう!

このように、いくら収入が高く好条件でも、信用情報に事故情報が見つかってしまうと一発アウト!

 

審査に落ちてしまいます。

 

ですので、ご自身の信用情報に不安がある場合は、直接確認してみましょう。

 

個人の信用情報は、各信用情報機関の公式サイトから開示請求すれば簡単に確認することができます。

 

以下は、各信用情報機関の公式サイトリンクです。

 

 

 

申込内容に虚偽・誤りがある

申込の際に入力した情報の中に虚偽もしくは誤りがある場合は、審査に通りません。

 

これらの情報は、審査の際に事細かく確認されますので、偽ることは不可能なんですね。

 

例えば、実際に働いていない勤務先を入力して申し込んでも、必ずバレます。

 

カードローン会社は、在籍確認の電話であなたが本当にその職場で働いているかを確認するからです。

 

虚偽の内容で申し込みをした時点で、信用を失ってしまうので、審査におちてしまうのは言うまでもありませんね。

 

審査に通るか不安であっても、正確にご自身の情報を入力するよう心掛けてください。

 

【関連記事:バレないでお金を借りる〜家族や勤務先に内緒でお金を借りる方法〜

 

総量規制を超える借入希望額

「貸金業者」という法律によって、消費者金融カードローンで借りられる金額の上限は、年収の3分の1までと定められています。

 

それを超える希望金額は、法律上カードローン会社も融資することができませんので、審査の段階で落としてしまいます。

 

ここで重要なポイントは、「他社借り入れも含めた金額の合計」が年収の3分の1までということ!

 

つまり、複数社からお金を借りていて、その合計が年収の3分の1を上まわると、どの消費者金融カードローンからもお金を借りることができないということになります。

 

カードローンにおける他社からの借り入れ・返済状況は、信用情報機関で確認されますのですべて筒抜け。

 

ですので、複数社からお金を借りるメリットはあまりないということですね。

 

意外な理由で審査に落ちてしまうケース

何も心当たりがないのにカードローンの審査に落ちてしまったという人も少なくないようです。

 

安定収入があり、信用情報に傷がなくても、

 

実は、意外な理由で審査に不利になってしまうことがあるんです。

 

ここでは、カードローン審査に不利になる条件について代表的な例をご紹介していきます。

 

その条件に、ご自身が当てはまるかどうか、お申し込みの前に確認しておくとよいでしょう。

 

スーパーホワイト

信用情報に事故情報が載っている人をブラックと呼びますが、そうでない人をホワイトと呼びます。

 

さらに、これまでクレジットカードやローンを利用したことがない人、

 

つまり、信用取引の記録が全くない人のことを「スーパーホワイト」と呼びます。

 

この、スーパーホワイトの場合は、やや審査に不利になる可能性があります。

 

なぜなら、信用情報が全くの白紙なため、申込者の返済能力を判断する材料が少ないからです。

 

貸金業者からすれば、謎が多く、返済能力を測れない人にお金を貸すのはリスクだと判断するのでしょう。

 

また、昨今のキャッシュレスの時代にクレジットカードヒストリー(クレヒス)がないということは、

 

「クレジットカードを持てない何らかの理由があるのでは?」と思われてしまう可能性もあります。

 

もちろん、「スーパーホワイト=審査に落ちる」ということではないので、あくまで要因の一つとして考えておきましょう。

 

複数社からの借り入れ

審査に通るかどうか不安なので同時に複数社から申し込みをする人もいますが、これは、かえって審査に通りにくくなってしまいます。

 

カードローン審査において、他社からの借り入れ・申し込み情報は、信用情報機関で確認されるため、同時に複数社申し込んだことはカードローン会社には知られています。

 

何社も同時に申し込みをするということは、「相当お金に困っているのでは?」と思われてしまい、審査が通りにくくなってしまいます。

 

ですので、申し込みに関しては1社に絞ることをお勧めします。

 

希望限度額が多すぎる

借入希望額が高すぎることも、審査に悪影響を及ぼします。

 

もちろん、総量規制の問題もありますがそれ以前に、年収に対してあまりに高額な借入希望額を設定すると、

 

「本当に返済できるの?貸して大丈夫かなぁ・・・」と思われてしまい、審査に通りにくくなる可能性があります。

 

ですので、借入希望額に関しては、あまり欲を出さずに必要最低限の金額にとどめておいた方が得策ですよ。

 

引っ越しを繰り返している

貸金業者が最も懸念しているのは、貸したお金が返ってこないことです。

 

逆に、そのリスクが少ない方は審査に通りやすいということ。

 

短い期間で引っ越しを繰り返している人は、返済不能になった時に「音信不通」になってしまう可能性があるため、審査で不利になることが多いんですね。

 

ですので、カードローンの審査においては、債務者の住居年数が長い方が有利になります。

 

また、アパートやマンションの賃貸よりも、持ち家の方が有利です。

 

転職が多い

カードローン審査においては、勤務年数も審査対象となります。

 

長期勤務の方が、「安定した収入がある=返済能力が高い」と判断され審査には有利に働きます。

 

つまり、短期間で転職を繰り返している人は、審査においては不利だということですね。

 

裏を返せば、長期勤務ならアルバイトをしている学生やパートで働いていいる主婦であっても審査には有利!

 

大きな会社の正社員や安定した公務員でなくとも、お金を借りられる可能性があるということですね。

 

 

審査に通らいときの対処法

ここまでの内容から、「自分は審査に通らない」ということが判明した場合は、別の方法でお金を借りることを考える必要があります。

 

ここでは、大手消費者金融カードローンの審査に通らなかった場合の対処法として、2つの方法をご紹介していきます。

 

 

街金でお金を借りる

街金とは、中小規模の消費者金融のこと。

 

特定の地域で営業をしている地域密着型の貸金業者です。

 

ただ、最近ではインターネットの普及により、街金も大手の消費者金融カードローンと同様に、全国どこからでも申し込みができるようになってきました。

 

もちろん、街金でお金を借りる際にも審査を受ける必要があります。

 

ただ、街金はプロミスやSMBCモビットなどの大手の審査が通らなかった客層をターゲットに運用していることが多いため、

 

信用情報に傷がある人でも、審査に通る可能性があるんです。

 

もちろん、100%審査の通る保証はありませんが、申し込んでみる価値はあるでしょう。

 

街金は、貸金業法に基づく運営をした正規の貸金業者です。

 

違法な闇金業者と間違えて利用しないために、知名度の高い街金を利用することをおすすめします。

 

安心して利用できる街金2選
セントラル

 

中四国中心に店舗を構える老舗の貸金業者「セントラル」

 

全国どこでもインターネットから申し込みができ、即日融資も可能!

 

セブン銀行が提携ATMなのも嬉しいですね。

 

創業40年を超える安心と実績から利用者も多い人気の街金です。

 

【セントラル】公式サイトへ>>

 

フタバ


創業50年以上の実績があるフタバ。

 

インターネット申込みで24時間申し込み可能。

 

来店不要・即日振込みキャッシングになります。

 

「過去に自己破産・債務整理等された方もまずはお申込みください。」と提言していますので、

 

カードローン審査に受かる見込みがない方でも、申し込む価値ありです!

 

【フタバ】公式サイトへ>>

 

質屋でお金を借りる

カードローンを利用できないなら、質屋でお金を借りるというのも一つの手段です。

 

質屋でお金を借りるには、担保となる貴重品(主に時計やブランドバック)が必要ですが、質に出す貴重品さえあれば、

 

審査を受ける必要がありませんから、たとえブラックであっても確実にお金を借りることができます。

 

借りられる金額は、質に出した貴重品の価値によりけりです。

 

返済には3か月ほど猶予があり、その期間を過ぎると「質流れ」となり、担保に出した貴重品の所有権が質屋に移ります。

 

その場合でも、信用取引ではないので信用情報に事故情報が載ることはありません。

 

ですので、質屋に預けられをうなものを持っているのであれば、ぜひ質屋を利用してみてください。

 

審査に通るための2つのコツ

さて、ここまでの内容はいかがでしたでしょうか?

 

確実に審査に通る方法というのはありませんし、今の状況を打破するのは難しいですよね。

 

そこで、すこしでもカードローン審査に通りやすくするための2つのコツをご紹介していきましょう。

 

お申し込みの前に是非確認しておいてくださいね!

 

希望額は必要最低限に

少しでも審査に通りやすくするためには、借入希望額を必要最低限の金額に抑えることが大切です。

 

カードローン会社からすれば、貸したお金が返ってくることが何よりも大切ですから、

 

債務者の年収と借入希望額の差が少ない方が審査には通りやすいと思ってください。

 

審査に対して条件を変えることは難しいですが、借入希望額に関してはご自身でコントロール可能ですよね。

 

ですので、「これだけ借りればなんとか大丈夫!」というギリギリのラインを攻めてみましょう。

 

借入シミュレーション

プロミスやSMBCモビットなどの大手消費者金融カードローンでは、各公式サイトから

 

簡単な情報を入力するだけで、審査に通るかどうかをシュミレーションできるようになっています。

 

たった数秒で終わるシュミレーションなので、

 

もし、審査に対して不安があるのであれば、まずは借入シュミレーションをしておくと安心できますね。

 

プロミス SMBCモビット

お借入れシュミレーション>>

お借入れシュミレーション>>